協会活動情報

  1. HOME
  2. >
  3. JWPA 協会活動情報 一覧
  4. >
  5. 詳細

協会活動 詳細

2019年01月31日

「JWPA コスト競争力強化TF 報告書 ~グリッドパリティ達成に向けて~」の公表について

 当協会では、2016年2月に「JWPA Wind Vision Report ~真に信頼される電源を目指して~」(以下、Wind Vision 2016)をとりまとめ、公表しました。これに相俟って、再生可能エネルギーについては固定価格買取制度(FIT制度)の下、国民負担を抑制しながら導入促進を図っていく方針が政府より示され、風力発電に対してもそれ以降、Wind Vision 2016で想定した累積導入量2,660万kW(陸上風力)での2030年グリッドパリティ達成を、より少ない買取費用の下で、換言すればより少ない累積導入量の下で実現するよう求められる状況となっています。

 そこで、当協会では2018年度の初めよりコスト競争力強化タスクフォース(コスト競争力強化TF)を立ち上げ、陸上風力発電に関してWind Vision 2016において掲げた、2030年までに発電コスト(以下、LCOE)約8~9円/kWhを達成するための施策について、再検討や更なる深堀を行い、風力発電業界としてとるべきアクション(規制緩和・規格標準化・技術開発支援の働きかけ等)及びそのスケジュールを明確化したものを成果として、本報告書をとりまとめました(全文は下記URLよりご覧ください)。
 今後、当協会内に常設している各専門部会による活動等を通じて、上述したアクションを計画的に実行へ移していく予定です。

「JWPA コスト競争力強化TF 報告書 ~グリッドパリティ達成に向けて~」
 http://jwpa.jp/jwpa_report/JWPAcostTF_report_jan.2019.pdf

 なお、洋上風力発電に関しては、当協会より2018年2月に公表した「洋上風力発電の導入推進に向けて(提言)」において、LCOE 8~9円/kWhに向けたシナリオを提示していますので、下記URLよりご参照ください。
 http://jwpa.jp/page_259_jwpa/detail.html



ページの先頭に戻る